上手なお手入れの方法

木製の家具類

家具は直射日光に長時間当てたり、ストーブのそばに置くと、光や熱によって変形したり、変色する恐れがあります。
湿気の多い室内では、木が水分を含みすぎて、引出しが出なくなることがあります。
家具の表面に付いたホコリは、ハタキか軟らかい布でそっと払って下さい。
塗装した面に、ビニール類を直接長時間置くと、塗膜に悪影響を及ぼすことがあります。においのあるものは時々、扉や引出しを開いて風を入れてあげて下さい。

ソファー・椅子類

布張りのソファー・椅子は、ホコリがつきやすいので、毎日のお手入れが大切です。毛足の柔らかいブラシを使ったり、掃除機でホコリを吸い取って下さい。汚れやシミは中性洗剤又はベンジンを布にしみこませ、軽くたたくようにして取り除いてください。
合成皮革張りのソファー・椅子は、汚れは市販の専用クリーナーを使って拭き取って下さい。汚れは少ないうちに手配するのがコツです。
革張りのソファー・椅子は、汚れは市販の革専用クリーナーを使って拭き取るのが安全です。シンナー・ベンジンは、革をいためますから絶対に使わないでください。

ベッド類

マットは、同じ状態で長時間使うと一部分が変形することがありますから、定期的に前後を反転させて使ってください。又、時々日に当てて乾燥させてください。ベットフレームの床板は、長時間使うと湿気を多く含んでいますので、定期的にマットを外して通気を良くしてください。

 

簡単な補修の方法

塗装にすりきずができたとき

小さな傷で、塗装の色が濃色の場合は、同系色のマジックペンで着色すると目立たなくなります。

引出しがかたいとき

引出しが湿気ている時は乾燥させ、かたい場合にはロウか固形石鹸を塗ります。それでも尚かたい時は、こすれている面をサンドペーパーでこすります。

引き違い戸がかたいとき

家具の上に重い物を置くと、硬くなる原因になります。大半は上部の溝に原因があります。正しくはまっているか確認してこすれている個所があればサンドペーパーでこすります。

洋服ダンスの引き戸が閉まらない時

原因の多くは、設置場所が水平でない場合です。水平を保つようにタンスの下に板や厚紙をはさんでください。

テーブルがぐらつくとき

原因の多くは、脚の接合部のナットのゆるみです。各個所を交互に徐々にかたく締めつけていくのがコツです。

回転いすがぐらつくとき

回転いすのぐらつきは、回転板の取付けネジ・キャスターの取付け等の緩みが原因です。
一か月に一回は、必ず点検をしてください。